BLOGブログ

「エビデンス」って? カラダの正しい知識を得るために必要なこと

みなさん、こんにちは!

 

今回ブログを担当します

Dr.トレーニング 村上(むらかみ)です!

 

今回は、『エビデンス』について書いていきます!

 

トレーナーの方、カラダの知識についてご自分の為に増やしていきたいという方向けの内容です!

それでは行きましょう!!

 

  • エビデンスって何?

 

 

エビデンスとは、日本語で『科学的根拠』を指します。

 

科学的根拠って…?

簡単に言いますと「教科書や文献、研究」等のことを指し、

科学的な根拠があることで信頼性の高い情報ということです!

 

エビデンスとは、『試験や調査などの研究結果から導かれた、科学的な裏付け』であり、

『ある治療法や治療薬に効果があるかどうか研究した場合などに得られた結果』は

その効果に関するエビデンスと言えます。

 

難しいですよね、、、つまり!!ものすごく簡単にいうと

『ある行為を人に行ったとき、どれだけ偏りがなく、効果が得られたか』

というものです!

 

ただ、様々な要因によって一定の偏りを含んでしまうことがあるため、エビデンスが全て正しいわけではありません。

*偏りとは、年齢や性別、生活習慣、性格等etc,,,*

 

 

  • エビデンス(科学的根拠)の種類

 

エビデンスといっても種類があります。

EBM(Evidence-Based Medicine)

EBN(Evidence-Based Nursing)

EBPT(Evidence-based Physical Therapy)

 

EBMであればエビデンスに基づいた医療のことであり、EBNはエビデンスに基づいた看護、EBPTはエビデンスに基づいた理学療法のことです。

 

 

他にもエビデンスには種類があります。それは推奨グレードとエビデンスレベルです。

 

推奨グレードは簡単にいうと『科学的根拠の強さ』です。その行為がどれだけ勧められるのか、逆にどれだけ行わないように勧められるかというものも含まれます。

次にエビデンスレベルは簡単にいうと『科学的根拠の質』です。難しい話になりますが、統計手法を取り、エビデンスがあるか判断するのですが、その統計手法の質が高いか低いかというものです。

 

Ⅰ:システマティックレビュー/RCTのメタアナリシス

Ⅱ:1つ以上のランダム化比較試験による

Ⅲ:非ランダム化比較試験による

Ⅳa:分析疫学的研究(コホート研究)

Ⅳb:分析疫学的研究(症例対象研究、横断研究)

Ⅴ:記述研究(症例報告やケース・シリーズ)

Ⅵ:患者データに基づかない、専門委員会や専門家個人の意見

 

上から順番にエビデンスレベルが高いものになります

 

では問題です!

 

テレビ等で『個人的な意見です』 というものは上記のうちどれになるでしょうか?

 

 

答えは

エビデンスレベルはⅥです!

あまり根拠がない可能性があるということです!

 

 

 

なぜエビデンス(科学的根拠)が必要なのか

 

 

例えば、あなたが手術が必要な時

病院でエビデンス(科学的根拠)がない治療を受けたいと思いますか?

治療法が正しいかわからない、治るかわからない、そんな治療は受けたくないですよね?

そのために、エビデンス(科学的根拠)が存在します。

 

エビデンス(科学的根拠)があるということは、

エビデンス(科学的根拠)のあるやり方と同じ事をすることで、

誰がやっても同じような効果を得やすいということです

 

つまり、特殊な技術を必要とするものは違いますが、

確実に効果を出したいといった場合には、エビデンス(科学的根拠)をもとに

アプローチしたほうが、効果が出やすいということです!!

 

  • エビデンスが全てではない?

 

先ほど、確実に効果を出したい場合にはエビデンス(科学的根拠)をもとに

アプローチしたほうがいいと言いました。

 

しかし!!!!

そうでない場合もあり、個人差がどうしても関与しますし、環境によっても変わります。

 

人の体を扱うトレーナーとしてエビデンス(科学的根拠)をもとにアプローチすることはまず、必須といっても過言ではないと思います。

 

ただ、優れたトレーナーはエビデンス(科学的根拠)だけでなく、その人の体の状態や今の環境といった個人差に合わせたアプローチをし、より高い効果を引き出すことができます!

 

エビデンスは誰でも効果を出すことができるものではありますが、

その人にとって最大の効果ではないということを知っていて欲しいです。

 

その人の最大の効果を引き出すためにはエビデンスだけでなく、

様々な勉強や経験をし、その人にあったアプローチが重要です!!

 

エビデンス(科学的根拠)に慣れていない方は、身の回りにあるエビデンス(科学的根拠)があるものを見つけてみると面白いと思います!

 

様々な情報に惑わされることが少なくなると思います!!

 

私たちDr.トレーニングでは日々勉強をして科学的根拠の高いエビデンスベースの知識をアップデートしております。

それをオンラインパーソナルトレーニングであったり、グループトレーニングという形でお客様へ提供しております。

あなたも自分のできる勉強から、興味のある勉強から始めてみましょう!

 

Dr.トレーニング パーソナルトレーナー 村上