BLOGブログ

効率よくトレーニング〜身体を思い通りに動かすモーターコントロール〜

こんにちは!トレーナーのSHINこと板垣真太朗です。

湿度の高い日が続いておりますが、皆さんどのようにしてお過ごしでしょうか?
私は雨が降っていなければ、朝の4時に起きてランニングする事にハマっております!
早朝ですと涼しい中走れるので、心も体もスッキリします!

 


ですが走るだけですと、飽きてきますよね笑
そんな時こそ、オンライントレーニング

 


オンライントレーニングはパーソナルトレーニングも可能ですし、
グループトレーニングも可能となっております。
ダイエットされたい方やボディメイクされたい方に合わせたプログラムも
ご用意しておりますので、一度HPをご覧になってください。


URLはこちら:https://drtraining-online.jp/contact/#a02


それでは今回もオンライントレーニングのご紹介をしたところで 本題に参りたいと思います。
今日のテーマは、モーターコンロールについてです。
モーターコントロールとは、外部環境に適応しながら自分の体を思い通りに動かすことです。
これができるようになると、体の使い方がうまくなり 、トレーニングのフォームが安定します。
つまり効率の良いトレーニングができるようになるんです!
せっかくトレーニングを頑張るのであれば、効率よくトレーニングしたいですよね!

では、ここからモーターコントロールについて、さらに詳しく説明していきます。
身体を動かす際、はじめに大脳より目標設定します。
目標設定の例としては、「正しいフォームでスクワットをする」などです。
目標設定が決まれば、次に大脳より神経を通して動かす筋肉に指令が行き渡ります。
そして身体が動く(実行)ようになります。


ですが神経から筋肉に伝わる道が途中で途絶えてしまいますと
使うはずだった筋肉を使えなくなり、他の筋肉がカバーしてしまいます。
そうなりますとカバーした筋肉に過剰に負担がかかり
最悪の場合は怪我に繋がる恐れがあります。
そのためにも動作を問題なくできるようにするために
モーターコントロールができるようにしなければなりません。

ことわざで「失敗は成功のもと」とありますが
モーターコントロールでも同様に過去の失敗を修正し、次に活かす事ができます。
それがフィードフォワード制御フィードバック制御というものです。
フィードフォワード制御とは、実行される前に起こる制御システムのことで、
過去の経験を元に結果を予測します。
フィードバック制御は実行された後に起こる制御システムのことで、
目標と実行した結果の誤差を検知し修正します。
どちらも非常に大切な制御システムです。



【まとめ】
◎モーターコントロール (運動制御)
:外部環境に適応しながら、自分の体を思い通りに動かすこと
※運動:生物体の能動的な動き
※制御:機械や設備が目的通り作動するように操作すること

流れ:目標設定(大脳)→指令(大脳)→実行


①フィードフォワード 制御
・実行される前に起こる
・過去の経験を元に結果を予測する
・小脳で行われる

②フィードバック 制御
・実行された後に起こる
・目標と実行した結果の誤差を検知し、修正する



トレーニングが初めてですと、はじめは正しいフォームでできない種目があると思います。
ですがトレーナー陣がモーターコントロールにフォーカスを当てながら
必ずできるようにサポートしていきます。
ですので是非1度オンライントレーニングをご利用下さい!

このブログをご覧になって頂いた方と一緒にトレーニングできる日を心よりお待ちしております。