BLOGブログ

腸の健康について。 便秘、免疫に悩む方は必見!

皆さん、こんにちは!

株式会社Dr.トレーニングです!

 

皆さんこれらの言葉はご存知でしょうか?

プロバイオティクス 

プレバイオティクス

シンバイオティクス

 

カタカナが並び、聞き慣れない方には大変忙しいですよね。笑

まず、これらの言葉について説明する前に腸内細菌についてお話ししていきます。

 

腸の健康について。 便秘、免疫に悩む方は必見!

 

腸内細菌について

私たちの腸には約500種類以上の細菌が、約100兆個、種類ごとにまとまって暮らしています。代表的な腸内細菌は「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類に分類されます。

 

体に良い働きをする善玉菌

善玉菌は糖質を分解して有機酸である乳酸や酢酸を酸性、腸内を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑制、悪玉菌が産生する腐敗物質を分解します。善玉菌の代表は乳酸菌やビフィズス菌です。ビフィズス菌は嫌気性菌といって空気を嫌う菌で、酸素の少ない大腸に存在し善玉菌の99.9%を占めています。腸内環境を保ったり、腸の蠕動運動促進したりします。

善玉菌の脇役である乳酸菌は、乳酸を産生して体に良い働きをする細菌の総称です。善玉菌の0.1%以下であり酸素のある小腸に生息し、ビフィズス菌が大腸に生息しやすい環境を作る役割を果たしています。善玉菌は糖質や食物繊維をエサにしています。

 

体に悪い働きをする悪玉菌

大腸菌やウェルシュ菌などが腸内で有害物質を作り出します。悪玉菌が増えると便秘や下痢などお腹の調子が悪くなる原因にもなります。アンモニアなどの有害物質で腸が傷害されると全身に栄養がいかなくなり、毒素が腸管から吸収されると生活習慣病、ガン、老化のリスクが増大します。タンパク質をエサにしているため肉などをよく食べると増えてしまいます。

 

どちらにも属さない日和見菌

日和見菌とは腸内で一番多く存在します。健康な時はおとなしくしているが、体が弱ったりすると腸内で悪い働きをします。腸内の善玉菌、悪玉菌の、優勢(多い)方の見方をします。

 

 

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスは抗生物質(アンチビオティクス)に対比される言葉で共生を意味するプロバイオシンを語源としています。

アンチバイオティクスが「病気になってから細菌(善玉菌も)を退治する」という治療法であるのに対して、プロバイオティクスは「あらかじめ体にいい菌を積極的に増やして健康になる」という予防的な考えから生まれた言葉です。

腸内フローラルのバランスを調整改善し人に有益な作用をもたらす菌のことです。

プロバイオティクスの代表と言えば、皆さんご存知の乳酸菌やビフィズス菌です。

食品の例として、ヨーグルトや納豆があります。

効果は以下の通りです。

・便秘や下痢の解消

・腸内感染の予防

・免疫力向上

・美肌効果

・がんの予防

・アレルギーの緩解

・炎症性腸疾患の改善と予防

 

なお、プロバイオティクスには次のような条件が求められます。

1安全であること

2人の腸内フローラを構成する細菌であること

3胃液や胆汁の影響を受けることなく腸まで届く

4腸内で増殖できる

5腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を減らすことができる

6簡単に摂取、飲用できること

7取り扱いやすく安価であること

 

プレバイオティクスとは

プレバイオティクス は「大腸の特定の細菌を増殖させることなどにより、宿主

に有益に働く食品成分」と定義されています。つまりプロバイオティクスが菌そのものの作用によって腸内環境を改善するのに対して、プロバイオティクスは有用な腸内細菌の餌となる食品成分を摂取することによって腸内環境をするということです。

腸内で消化されにくい、オリゴ糖や食物繊維などがその代表的なものです。

プレバイオティクスのも次のような条件があります。

1上部消化管で消化・吸収されないこと

2ビフィズス菌などのエサになり、善玉菌だけを増やすこと

3人の健康に有益に働くこと

シンバイオティクスとは

プロバイオティクスとプレバイオティクス の双方を摂ることで腸内環境の改善を図ることです。

 

 

圧倒的にプレバイオティクス が大事

いくら乳酸菌やビフィズス菌をとってもこれらのエサがなければ働いてくれないのです。

ヨーグルトなどの発酵乳製品に花粉症の寛解やインフルエンザにかかりにくい効果があり実際に摂ってみたけど効果がなかったというのをよく聞きますが、これはプロバイオティクスだけでは不十分だからです。ですので、そういう食品を摂るのであれば一緒に食物繊維を意識して摂ることが大切になってきます。特に水溶性の食物繊維が含まれる、玉ねぎや海藻をおすすめします。これらは便秘にも効果があります。

毎食摂るようにし、食事の最初に食べるようにすることで血糖値の上昇からの乱高下を防止し機能性低血糖の予防にもつながります。

また、ほかにも短鎖脂肪酸の産生やビタミンの産生、ミネラルの吸収促進という効果もあります。

短鎖脂肪酸は腸内phを酸性に維持し免疫向上、酸性化することでミネラルの吸収率が高まります。不溶性食物繊維ではミネラル吸収阻害の可能性があるとも言われています。

 

つまり私が言いたいことは、プロバイオティクス、プレバイオティクス の片方ではなく両方を摂取しようということです!!

 

Dr.トレーニングのオンラインパーソナルトレーニングでは

トレーニングの知識、種目の話だけでなく上記のような「栄養面」でのアドバイスもさせていただいております!

トレーニング×食事

カラダ作りも上記の2つの掛け合わせによって成功に導きます✨

 

株式会社Dr.トレーニング オンライントレーニング スタッフ