BLOGブログ

どんな事も基本が大切!トレーニングの原理原則〜Part2. 原則編〜

こんにちは!トレーナーのSHINこと板垣真太朗です。

都内はジメジメとした天気が続いておりますが、皆さんどのようにしてお過ごしでしょうか?

もうすぐ7月も終わり8月になりますが、今年は花火大会も中止なところが多く寂しい夏になりますね。

 

オンライントレーニング

 

そんな皆さんに朗報です!
寂しい夏こそ、ご自宅でオンライントレーニング
外出も難しい状況でストレスも溜まりやすいと思いますので
お身体を動かしてストレスを発散しましょう!

 



オンライントレーニングはパーソナルトレーニングも可能ですし、
グループトレーニングも可能となっております。
ダイエットされたい方やボディメイクされたい方に合わせたプログラムも
ご用意しておりますので、一度HPをご覧になってください。


URLはこちら:https://drtraining-online.jp/contact/#a02


それでは今回もオンライントレーニングのご紹介をしたところで、本題に参りたいと思います。
テーマは前回の続きでトレーニングの原理原則についてです。
そもそも「原理」とはトレーニングで体に与える影響の根本的な法則のことで
「原則」とは原理を基とした上でトレーニングをするときのルール・決まりのことです。

トレーニングを頑張っているのに効果を実感できず、伸び悩んでいる方は必見です。

前回はトレーニングの原理についてお話ししたので、今回は原則についてご紹介致します。

 

 

5原則


①漸進性の原則


ある一定期間トレーニングを続け体力が一定の水準に達すると
同じ負荷でそれ以上続けても効果が現れなくなります。

毎回全力を出し切ることが重要です。

 


②反復性の原則

トレーニングの効果を得るには、繰り返し行う必要があります。
継続は力なり」ということですね!

 

 


③個別性の原則

体力には個人差があるので、個人の年齢・性別・体力水準などに応じて負荷を決めることが大切です。
見栄を張ってフォームが崩れる重量でトレーニングをすると
怪我につながる恐れがあります。
自分にあった重量でトレーニングしましょう!



④意識性の原則

鍛えている部位や自らの意志で行っていることを自覚することで、トレーニングの効果が向上します。

大胸筋のトレーニングであれば、「大胸筋を効かせる!」という意識が大切です。

 


⑤全面性の原則

トレーニングをする際は、全ての面でバランスよく鍛えることが大切です。
ヒップだけ鍛えたいからといって
偏ったトレーニングをすると怪我につながる恐れがあります。
全身バランスよく鍛えてあげましょう!

 





以上の5原則を意識しながら、トレーニングを頑張りますと効果が出てきます!
またお1人では難しいという方は、オンライントレーニングでも原理原則にフォーカスを当てながらサポート致しますので、是非1度ご利用下さい!

このブログをご覧になって頂いた方と一緒にトレーニングできる日を
心よりお待ちしております。