BLOGブログ

あたりすぎると病気に!?実は危険なクーラーの実態

こんにちは!オンライントレーニングの小林です!!

少しずつ弱まってきた暑さですが、まだまだ日中などは汗をかくほど暑いですね☀️

皆さんクーラーガンガンの部屋で涼んでいることかと思います。

 

そんな皆さんが日頃使っているクーラーですが、実はクーラーにあたりすぎるとある病気にかかってしまうのです…😱

 

その名は…

 

「クーラー病」です!

 

いや、名前そのまんまかい!と思った方もいらっしゃると思いますが、このクーラー病、実は意外と厄介なんです。

 

今回はこのクーラー病についてお話ししていきたいと思います!

最後まで読んでいただけると嬉しいです😆✨

 

クーラー病の実態とは??

では、クーラー病の実態とは何でしょうか?

 

クーラー病は、気温差の激しい場所の出入りを口返した時に起こしてしまう体調不良のことなんです。

私達に人間には本来、体温を調節する生き物なのですが、エアコンという人工のもので体温調節をしてしまうことで、自律神経のバランスを崩してしまうのです。

 

クーラー病の症状は?

クーラー病の主な症状は、

・足腰の冷え

・だるい感じがする

・頭痛

・食欲が沸かない

・神経痛や腰痛

・下痢、便秘、腹痛

・不眠

・むくみ

・鼻炎や頻尿

 

こういった症状が現れ出した場合は、自律神経が崩れている可能性が高いので要注意です⚠️

これだけの症状が出てしまうので、意外と厄介ですね😥

 

対策は何かないの??

 

エアコンの温度を見直そう!

まずはエアコンの温度と向き合ってみましょう!!

24度や25度に設定してしまうと、クーラー病を起こしてしまうので、できれば外気温とのさは5度程度に抑えましょう!(27度くらい)

 

冷風を身体に直接当てないようにしよう!!

冷風を身体に当てないこともとても大切です!!直接当たってしまうと体温が急激に奪われてしまうので、クーラー病になりやすくなってしまいます。

できれば上下の動きにするなどして工夫してください☝️

 

扇風機を上手く活用しよう!!

エアコンと扇風機を上手く活用していくのもひとつです!!

エアコンである程度部屋を冷やしてから、あとは扇風機で風邪を起こしても十分冷えるので、是非おすすめです!!

 

まとめ

いかがでしょうか?

クーラーは便利なようで、私たちの身体に影響を及ぼしてしまいがちです…

 

健康にい続けるためにも、エアコンの温度や、使う時間などを考えて正しく使っていきましょう!!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!✨

 

オンライントレーニング 小林大輝