BLOGブログ

カッコイイ身体への道のりvol.3〜背中〜

皆様こんにちは

オンライントレーニングの備瀬魁斗です。

もし、このブログから見始める方は下記の記事も一緒にご参照ください。

カッコイイ身体づくりへの道のり vol.1〜プッシュアップ〜

 

前回、前々回は「胸、下半身のトレーニングのトレーニング種目」について紹介いたしましたので今回は「背中のトレーニング種目」について紹介します!

皆様は背中の筋肉を鍛える種目で知っているものはありますか?

答えは今回のブログの題材にもなっている「懸垂」などがあります。

懸垂は他の背中の種目に比べると重りがなくてもわりかしいろんなところで出来ます。

今回はそんな懸垂について紹介します。

 

最後まで読んでください🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

 

やる時の条件として懸垂棒や腰の高さよりも高いテーブルなどが必要です。

 

懸垂

使う筋肉は メイン:広背筋・僧帽筋サブ:上腕二頭筋 です。

メインの広背筋を鍛えることによって肩こりや首こりの改善やダイエットにもつながります。

女性の場合、背中を全体的にスッキリしたり、くびれがより強調されやすくなります。

男性の場合、背中の広がり、立体感のある背中をつくることが出来ます。

 

フォーム

1.肩幅よりも少し広めに手をかける

2.常に胸を張っている状態を保つ

やり方

1.背中の筋肉を使って身体を引き上げる

2.背中の力が抜けきらないように身体を下ろす

※1と2を繰り返す

 

ポイント(注意点)

・肩をすくまない

・胸を張り続ける

・腕の力に頼りすぎない

・下ろす時に肘を伸ばしきらない

・反動を使わない

・脇をしめない

 

リグレス(レベルダウン)

・可動域を狭くする

・反動を使う

・地面を蹴って降りる動作だけを行う

・低いところでかかとをつけて身体を斜めにする

 

プログレス(レベルアップ)

・重りを使う

・ゆっくり動かす

・手幅を広げるもしくは、狭くする

・握り方を変える

 

懸垂(チンニング)はフォームを変えるだけで上腕二頭筋(力こぶができる筋肉)をメインで鍛えることも出来るので筋肉がつけたい場所につかない人はフォームを一度、見直しましょう。

 

もし、フォームのチェックややり方の確認をやってほしいと感じたら、オンラインパーソナルトレーニングもしくは現地で直接パーソナルトレーニングを受けてみてください!

オンラインパーソナルトレーニングはキャンペーン中で体験トレーニングが通常料金の半額で受けることが出来ます。

現地で行うパーソナルトレーニングも体験トレーニングをやっていますので皆様が来店されることをお待ちしております。

 

自宅で仕事をする時間が増えてコロナ前よりもなりやすい状況になっています。

だからこそ、自宅や公園などの人が密集しない場所で出来るトレーニングや運動を習慣化出来るように一緒に頑張っていきましょう💪

これから、カッコイイ身体に慣れるように一緒に頑張っていきましょう

最後まで、読んで頂きありがとうございます🙏

オンライントレーニング 備瀬魁斗