BLOGブログ

腰痛の人は抑えるべし 筋筋膜性腰痛について

 

こんにちは!

Dr.トレーニング吉祥寺店井上幸美です😊

今日は腰痛について話していきたいと思います!

今コロナウイルスが流行っていることもあり、在宅勤務が増えたり、家にいる機会が増えたのではないのでしょうか。

そこでよく聞くのが“腰痛”

骨折などとは違い、腰痛ってなかなか原因がわからないですよね😅

腰に痛みや炎症があり、特定できないものを「筋筋膜性腰痛」と言います。筋肉の硬さや癒着によって起こります。

その他の腰痛として、腰椎椎間板ヘルニア腰椎分離症などもあります。

今回は筋筋膜性腰痛について話していきます!

結論から言うと筋筋膜性腰痛は

以下の筋肉に原因があることが多いです↓

腰方形筋

骨盤から肋骨に付着しています

腸腰筋

骨盤から大腿骨に付着しています

脊柱起立筋

背筋運動をする時に背骨付近を囲んでいる筋肉です

上記の3つの筋肉を理解した上で、

次は腰痛に対してのトレーニングを紹介します!


レッグレイズ

【使う筋肉】

腹直筋、腹横筋、腸腰筋

お腹の筋肉を使うことで反対の筋肉が緩む作用(相反抑制)により、腰の筋肉が緩みます

 

【スタートポジション】

1.仰向けに寝ます

2.手のひらは床で

3.小さいボールorクッションを太ももの裏とふくらはぎの間に挟みます

 

【動作】

1.膝をおでこにつけるように背骨一つ一つを丸めていきます

2.丸めたらそこからゆっくりと戻していきましょう

 

【ポイント】

・ダンゴムシのようにしっかり丸まる

・勢いをつけない

10回2〜3セット目安にやってみてください✨


ウィンドミル

【使う筋肉】

腹斜筋、腰方形筋

【開始姿勢】

1.立位で足は肩幅、片手にダンベルorペットボトルなどの重りを持ちます

2.重りを持っていない逆側の手を120°程上げますで

【動作】

1.重りを太ももの外側に沿わせるように、ゆっくりと膝あたりまで身体を横に倒します

2.膝まで重りがついたら、ゆっくりと開始姿勢まで戻り、この動作を繰り返します

【ポイント】

・倒している逆側の腰方形筋(腰の筋肉)、腹斜筋(お腹の横側)の伸び感を感じながら行いましょう!

10回2セット目安で行ってみてください

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

皆さんの1日、人生がより素敵なものになりますように☺︎


Dr.トレーニング吉祥寺店スタッフ 

井上幸美 〜Inoue Yukimi〜