BLOGブログ

筋肉痛はなぜ起こる? オンライントレーニングで習慣化を!

みなさん、こんにちは!

Dr.トレーニング吉祥寺店井上幸美です😊

突然ですが、トレーニングを最近はじめた方、久しぶりに運動をした方、筋肉痛になりませんでしたか?

身近なものではあるけど、意外と深くまで知られていない筋肉痛…謎めいていますよね?笑

トレーニング経験者の方でも「全然筋肉痛がこない😢」って声もよく聞くのですが、

筋肉痛が来ると頑張った!って気持ちになれますよね。

筋肉痛=トレーニング効果◎?

イコールになるの?

今日は筋肉痛について話していきたいと思います!

【筋肉痛と関連する筋収縮(筋肉の動き方)について】

短縮性収縮(コンセントリック)

→筋肉が縮む時

肘の曲げ伸ばし動作(種目:アームカール)で言うと、曲げている時!

等尺性収縮(アイソメトリック)

→筋肉が同じ長さで力発揮している時

筋肉が収縮してる状態でとめている時!

伸長性収縮(エキセントリック)

→筋肉が長くなる時

肘の曲げ伸ばし動作(種目:アームカール)で言うと、伸ばしている時!

 

(↑写真は短縮性収縮です)

 

上記の3つの筋収縮でトレーニング効果を最大限に出したい場合は、伸長性収縮(エキセントリック)に意識を向けてみてください!

さらに筋肉痛でいうと、同じく伸長性収縮(エキセントリック)が1番なりやすいです。

【筋肉痛とトレーニング効果は相関するか】

結論

筋肉痛はなくてもトレーニング効果はあります!

※トレーニング目的、強度設定によっても変わってきます

筋肉痛が起こる原因として、未だに判明していません。

えっ?って思った方もいるかと思うのですが、

筋肉へのダメージが大きいことで筋肉痛が起きやすい傾向にあります。

なので筋肥大をしたい方は、高重量を扱ってトレーニングをすると効果的なので、筋肉痛がくるぐらいまで追い込まないといけません。

しかし、あまり筋肉痛が続いてしまうと、トレーニング効果やトレーニングの効率が

悪くなってしまう場合があるので、適切な負荷が大切です!

【まとめ】

筋肉痛とトレーニング効果は相関しないのですが、トレーニング効果・目標達成するのには、適切な負荷トレーニングの習慣化が大事になってきます。

適切な負荷がわからない方、目標達成したいけどどうすればいいかわからない方は

ぜひ、オンラインパーソナルを一度試してみては😊?


Dr.トレーニング吉祥寺店 井上幸美〜Inoue Yukimi〜