BLOGブログ

ツールで家トレ改革❗️+αで変わる運動習慣✨

 

 

こんにちは!

Dr.トレーニングオンライン責任者 佐久間です。

今月も残り数日ですが、夏の暑さに負けず頑張っていきましょう!

早速ですが、今年こそ運動を始めようと思っている方はいますか?

もしくは始めたいけど、どうしたらいいか分からない方もいませんか?

今回はこれから運動を始める方に向けて過去の投稿と並行して、

「おすすめエクササイズツール5選」の紹介をします✨

もちろん!!

自重で取り組んでいる方もご覧いただき、今後の家トレ習慣の参考にしてみてください!

※下記リンクに弊社がオススメする「家トレメニュー」の記事も投稿しておりますので、宜しければご覧ください❗️

⭐️ツールで感動✨自重+αで家トレ改革❗️

 

そもそもツールって何?

 

 

まず トレーニングツールとはどんなものでしょうか?

皆様はこんな感じの想像するのではないでしょうか?

うんうん…大体のイメージで合っていると思います!

おそらく皆様のイメージしているもの全てがトレーニングツールになります!

ワイドなものからコンパクトなものまで、日常生活で使っている家具なんかも実はトレーニングツールになります!

 

家トレでツールをなんで使うの?

 

 

それではなぜジムでもパーソナルトレーニングでもツールを使ってトレーニングをするのでしょうか?

それはツールを使う事で各目的別&出来ない種目へのサポートとして、より高い効果を得られるからです!

ツールの使い方はさまざまで、おそらく使い方については何万通りの使用用途があります!

ここは各トレーナーの裁量次第なのかと思います!

弊社ではオンライントレーニングでも「PA」というツールを用いて動作を出来るように促す方法も行っております!

例えばですが、サポート台を腰に使いレッグレイズをする事で、フォームを理想に近づける事が出来ます!

その他にはプッシュアップの際にチューブを身体に巻く事で、上がる際に筋力を助けてくれたりと効果を発揮してくれます✨

 

 

こんな方は家トレでツール使ってみましょう!

 

ではどんな方がツールを使った方がいいのか?

①刺激を求めている人

 

 

ダンベルやチューブのような器具を使う事で、自重ではかからない負荷で取り組む事が可能になります!

ときには飛躍的に数値や実感に変わる方もいらっしゃいますので、運動習慣が身についた方も効果を感じている方も使ってみると良いかもしれません!

 

 

②やりたい種目があるが、なかなか上達しない人

 

 

運動していて、なぜか出来ないという種目はございませんか?

例えば女性ですとい腕立て伏せやブリッジ、男性は意外にも片足のスクワットや倒立など様々かと思います!

トレーナー的にも非常に難しい種目だと思っております💦

出来ない種目に家トレでツールを使うと…

あれっ?意外と出来ちゃった✨なんてお客様ともお会いした事もございます!

例えば…

腕立てが出来なかった方にチューブや椅子を使って行いスムーズに出来ましたね!

スクワットで膝が痛かった方は、椅子や家にあった棒を使う事で膝の痛くないスクワットが出来るようになり、さらに片足のスクワットにも挑戦出来るようになりました✨

この時は私も出来る場面に立ち会い、感動を共有出来た事は今も記憶に新しいですね😭

 

 

③飽きやすい人

 

 

最近、実践している家トレは飽きてはいませんか?

家で出来る事は無限大ですが、ただ出来ないとパターンも種目も限られてしましますよね💦

最近オンライントレーニングをしているお客様からも出てきていたお悩みの一つです😇

エビデンス的にもご年配の方を対象に、運動器具の有無で検証したところ、運動器具を用いたグループで継続する傾向に多くの方があったそうです!

一般の方も同様でツールを使う方と使わない方で、運動習慣が続いている方の割合が圧倒的に違いが出てきます✨

なので考察ですが運動の際にツールを使う事で「楽しい」という感情が生まれる事で、継続しようと思う事が出来るのではないでしょうか?

 

ツールの形状や素材等の違いとは?

 

 

ここまででどうでしょうか?

運動に際にツールを少し使ってみようかなと思いましたか?

それではここから使いたいと思った方へ

じゃあどんなツールを使えばいいのかというところで、おすすめや選び方をお伝えしていきます!

まずはツール使う事で共通して得られるものは効果と効率、負荷です!

こちら踏まえた上で…例えばよく耳にする「ダンベル系」はどのように違うのでしょうか?

 

①意外と大事❗️素材から検討✋

 

 

まずはダンベルそもそもの素材として鉄製ラバー製ポリエチレン製の3種類あります!

手を汚したくない!なるべく床や周りの家具を痛めたくない!という方には「ポリエチレン製」が非常にマッチしています!

弊社ではオフラインで全ての種類のダンベルを使用しておりますが、圧倒的に騒音や汚れに強いのかなと感じますね😎

鉄製のメリットは鉄の音がトレーニングをしている感を感じさせてくれるという部分では、自肯定感が上がるかもしれません🏋️‍♂️

 

加えて持ち手にも素材が異なります!

ネオプレーン製ローレット製という大きく2種類があります!

ネオプレーンは合成ゴムなので長時間のトレーニングや手が痛くなりやすい方におすすめの素材です!

一方、ローレット制は表面がザラザラしている事で肌と接地しやすく握りやすいようになっています!

かえってザラザラが摩擦を生み、痛みになる事もありますので注意です⚠️

 

②今後の効果が変わる😵重さの選び方!

 

 

素材はOKでしょうか👋

それでは一番気になるかもしれません…重さの選び方…

オフラインのトレーニングでも「自宅でもトレーニングしたいけど、どれくらいの重さを買えば良いのでしょうか?」と良く聞きますので、ここは本当に大事かと思います💦

今までは重さについて、固定されているものがほとんどでした!

ただ最近は「可変式」という最強のものが現れたことによって、トレーニーの中では一強になりつつあります!

1kgづつ重さを増やす事は難しいですが、最大20kg程度にまで増やす事が出来ますので幅広く使用する事が出来ます!

この一強も2点だけ気になる点があります…

過負荷になりやすいという点は、気になる部分になります!💦

狙って鍛えたい部分よりも他の筋肉に効いてしまい、返って腕や足が太くなった方もいらっしゃいますので、慎重に行いたい方は固定式がいいかもしれません!

そして固定式よりも少し価格コストが高くなる事です❗️

可変式という部分で非常に便利ですが、固定式よりも価格帯は少し高くなりやすいという部分は否めません😓

 

 

初心者おすすめツール3選🌈

 

 

以上の例を踏まえて、私たちは下記のツールをオススメします😙

 

①女性は柔らかい素材の固定式、男性は柔らかい素材の可変式のダンベル

 

LICLI ダンベル 2個セット 0.5kg 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 筋トレ ダイエット 鉄アレイ ソフトコーティング

TOP FILM 可変式ダンベル 25kg コンパクト 簡単重量変更 10kg 20kg ブロックダンベル アジャスタブルダンベル 最小5kgから最大26kg 24段階調節

 

これまでオンラインやオフラインでトレーニングを担当させて頂き、色々な使用感をお聞きしたところで上記のダンベルが最適に近いのかなと思います!

 

 

②家トレにもお身体のメンテナンスにも使えるストレッチポール🧘‍♀️

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B0040EKZDY?tag=ex-news-shopping-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

 

みなさん一度は聞いて事はあるのではないでしょうか?

このツールは非常に優秀です❗️ちなみに私の自宅にもあります😊

特に短いタイプで柔らかめの素材のものが特にオススメですね〜

ストレッチポールですが、この上でプランクをすると強度の高い家トレが出来ます!

そして痛いところや疲れたところにコロコロする事で、お身体の硬さや血流を促進し疲労物質を除去してくれます!

 

 

③なんと全身的に使用出来た😵チューブ✨

 

https://www.amazon.co.jp/セラバンド-THERABAND-トレーニングチューブ-バンドタイプ-強度レベル0/dp/B006CDCJ4O/ref=sr_1_32?keywords=トレーニングチューブ&qid=1659078474&s=sports&sprefix=トレーニング%2Csporting%2C189&sr=1-32

 

チューブって全然負荷がないじゃん!!!!!と思った方もいるかと思いますが…

柔道整復師の視点から、チューブはリハビリに使える優しさとボディメイクの効果を高める強さを掛け持つハイスペックな顔を持ちます✨

ぜひ一度使用してみてください!

※こちらも弊社で使用しておりますトレーニングチューブです!

 

 

○強者おすすめツール2選

 

 

①家トレがアスリートレベルに⁉️フローインパネル✨

 

【長友佑都愛用】FLOWIN Pro ブラック138㎝×98㎝ 体幹トレーニング 

 

まずはツールをみてください!

見るだけで直感的にキツそうではないですか?笑

日本代表 長友選手が使っている事で一時期大変有名になりました😆

走ると膝が痛くなる方やなるべく外で運動有酸素したくない方にオススメするツールです!

 

 

②見た目以上にキツいという声が多数‼️ウォータバッグ🌊

 

ウォーターバッグ 体幹 コアトレーニング タンク ウォーター バック 水 ウエイトトレーニング ウエイト ウェイト 筋力 筋トレ スポーツ ジム 簡単 

 

これはあまり見かけないかもしれませんね💦

これもアスリートのトレーニングやバランス等のトレーニングで体幹を強化したい方にオススメです✨

最近モデルの方のトレーニングでも使用しているところを見ました!

腰痛や姿勢に非常に大事なインナーコアを鍛える事が出来るいいツールです!

 

 

いかがでしたでしょうか?

以上、紹介したツールを用いて家トレを効果と効率の高いトレーニングにして、よりよい運動習慣を身につけていきましょう!!

 

Dr.トレーニング オンライントレーニング

一瞬ではなく一生モノの身体作り

〈Dr.トレーニング オンライントレーニング〉

電話番号:03-5309-2021

メールでのお問い合わせはこちら

info-online@drtraining.jp

Dr.トレーニング  オンライン責任者

佐久間塁 Sakuma Rui

柔道整復師